kuki.JPG

九鬼靖太(博士:コーチング学) / Seita Kuki Ph.D.

【SNS】Twitter / Instagram

京都教育大学を卒業後、筑波大学大学院を修了(修士)。中学校教員を経て同大学大学院博士課程を修了し博士号を取得。現在は、大阪経済大学の教員として働きながら、多様な種目のアスリートを指導する。

 

★ 大阪経済大学 専任講師(人間科学部)/ 同校陸上競技部:短距離コーチ

・生年月日:1989年6月7日 

・出身地:和歌山県

・京都教育大学卒(教育学部体育科領域)

・筑波大学大学院修了

修士:博士前期課程 人間総合化学研究科 体育学専攻

博士:三年制博士課程 人間総合科学研究科 コーチング学専攻

 

【研究内容 / 実績】

筋力の測定・評価法に関する研究や、子どもの疾走能力に関する研究に取り組む。

英語論文を含む学術論文を複数発表(研究分野:トレーニング・コーチング論)

【大学での担当授業】

・トレーニング論

・コーチング論

・陸上競技

など

 

【表彰歴】

・2018フットボール学会:優秀発表彰

「スプリント能力に優れた男子サッカー選手における疾走動作および筋力の特徴 −サッカー選手のスプリント能力を高めるためのトレーニンング戦略の提案−」

https://researchmap.jp/7000028877

kuki2.JPG

【競技実績:100m】京都教育大 - 筑波大

・自己記録 10秒45(+1.9, 2012年)

・日本インカレ4位(2011年)

 

【指導歴】

現在

★ 個人指導

・メインコーチ:九鬼巧(NTN所属:2012年日本選手権男子100m2位、自己記録10秒19、2017年アジア陸上選手権100m日本代表)

・サッカーJ1リーグ選手のパーソナルコーチ

 

★ チーム指導

・大阪経済大学陸上競技部:短距離コーチ(2019年〜)

・防衛大学校ラグビー部:スプリントコーチ(2017年〜)

・履正社高校硬式野球部:スプリントコーチ(2020年〜)

 

過去

・筑波大学蹴球部:スプリントコーチ(2018-2019年)

 

【市民ランナー高速化プロジェクトへの想い】

"スプリント”という走動作は市民ランナーにあまり馴染みがないかもしれませんが、“走るための身体づくり”を通して、市民ランナーのパフォーマンスアップをサポートしていきます。

トップレベルのスプリンターや、球技系アスリートとのトレーニングから得た知見や経験を、市民ランナーに換言したいと思っております。

【note(自己紹介:九鬼靖太)】

「スプリントトレーニングを他分野へ」

https://note.com/marathon_kousoku/n/n591d46505914

kuki3

Seita Kuki Ph.D. in Coaching

 

★ Professor of Human Sciences and Short Distance coach for the Track and Field team at Osaka University of Economics

・Born June 7th, 1989

・Hometown:Wakayama Prefecture in Kansai, Japan

・Graduated from Kyoto University of Education(Education BA focused on Physical Education)

・Completed graduate school at Tsukuba university 

Masters:Pre-doctoral research in human arts and sciences, physical education major

PhD:3 year program, research in human arts and sciences,  emphasis on coaching

 

【Research Achievements】

Presented multiple times in academic papers in Japanese as well as in English(Research field:Training and coaching theories)

 

【Awards】

・2018 Japanese Society of Science and Football:Excellent Presentation Award

“The relationship Between isometric mid thigh pull variables, jump variables and sprint performance in collegiate soccer players”

https://www.jstage.jst.go.jp/article/trainology/6/2/6_42/_article

 

【Competition Results:100m】Kyoto University of Education - Tsukuba University

World Athletics Profile:

https://www.worldathletics.org/athletes/japan/seita-kuki-014948931

・Personal Best 10.45(+1.9, 2012)

・Placed 4th in Japan Inter-Collegiate(2011)

 

【Coaching Experience】

Current

★ Personal Coaching

・Main coach Takumi Kuki(Member of NTN:2nd in Japan Championship for men 100 meter in 2012, Personal best of 10.19, represented Japan for 100 meter in 2017 Asia Track and Field Championship)

・Personal coach for an athlete in J1 league soccer

 

★ Team Coaching

・Osaka University of Economics Track and Field team: Short distance coach since 2019

・National Defense Academy Rugby team: Sprint coach since 2017

・Riseisha High School Baseball team: Sprint coach since 2020

 

Past

・Tsukuba University Soccer team: Sprint coach (2018-2019)

 

【Thoughts on Citizen Runners Speed-up Project】

The movement of “sprinting” may not be familiar among citizen runners. I would like to support runners by “creating a body for running” that will up their performance. 

With my knowledge in training and experiences with top level sprinters, rugby and baseball players, I am looking forward to sharing and helping citizen runners perform to their best ability.

kuki4

九鬼靖太(博士,运动教练学)

★ 现任大阪经济大学专任讲师(人间科学院)兼该校田径队短跑教练

 

【个人资料】

・出生年月:1989年6月7日出生

・出生地:和歌山县(日本)

・国立京都教育大学教育学院体育系

・国立筑波大学硕士(人间综合化学研究所体育学系)

・国立筑波大学博士(人间综合化学研究所教练学系)

 

【研究成果】

在体能训练论、教练论领域发表了很多篇英文论文

 

【研究奖项】

・2018年日本足球学会优秀研究奖

(题目:擅于冲刺能力的男子足球选手之速跑姿势与肌力特征—提升足球选手冲刺能力的训练方案)

 

【竞赛经历(100米)】京都教育大学 - 筑波大学

・最高记录:10秒45(2012年)

・最高成绩:全日本大学田径锦标赛第四名(2011年)

 

【指导历】

·★ 个人指导(现任)

・九鬼巧(NTN公司田径队、2012年全日本田径锦标赛男子100米亚军、最高记录为10秒19、2017年亚洲田径锦标赛100米日本代表)

・日本甲组职业足球联赛选手的个人教练

 

·★ 队伍指导(现任)

・大阪经济大学田径队短跑教练(2019年—)

・防卫大学橄榄球队速跑教练(2017年—)

・履正社高级中学硬式棒球队速跑教练(2020年—)

 

★·队伍指导(过去)

・筑波大学足球队速跑教练(2018年—2019年)

 

【关于推动“市民爱跑者高速化计划”】

虽然对市民爱跑者来说,“速跑”动作是不太常用的,但我要通过跑步上不可或缺的基础体能训练,来支援提高跑步速度。

参考过去指导顶级短跑选手或职业球类选手的经验,以帮助发挥理想的表现。